陰陽について

元にもどる



1)陰陽とは

宇宙に存在するものは、全て陰陽に分けられるという考え方(例、月は陰で太陽は 陽)で、数字にもこの 陰陽があてはめられます。
奇数は陽であり、偶数は陰であるという考えです。これらを名前の画数にあてはめ、 いかに陰陽のバランスをとるかが、姓名判断における命名の技術です。